オススメは湘南美容外科の化粧品

敏感肌なので無添加化粧品を使いたいと思い、いくつか購入して比較してみることにしました。

以前からコスメは大好きなので、美容雑誌などまめにチェックしていましたし、何種類のお試し品を購入してスキンケア用品を比較してみると、肌が痒くなって逆に悪化した化粧品もあり、無添加化粧品だから安心して使えるというものではないな〜と実際、使ってみて理解できました。

口コミサイトの情報も購入前にはチェックしておいたので信頼できると思いましたが、全くそうではなく自分の肌に合うものを選ぶのが大事だと分かったので、きちんと無添加化粧品でも成分表示を確認することが大事だと知りました。

自分の肌に合わない成分が入っていると肌荒れを引き起こすので、それは避けるようにするなど色々とチェックすることにしました。

無添加化粧品でなくても、自分の肌に合う化粧品も多数ありますし、自分でいくつか使ってみることが重要だと実感しました。

そんな私がオススメなのが湘南美容外科の化粧品です。

美容外科の化粧品なのでしっかりとした基準で作られていてどんな人の肌にも合うようになっているからです。

敏感肌、乾燥肌、すべてのタイプの肌に合うように作られているのが湘南美容外科の化粧品なのでオススメです。

肌に合うものを長く使用することで肌が改善していくのを実感できますし、しっとりと潤って肌が改善するのがわかるので自分の肌に合ったものを長く使い続けていくことが重要だと実感していますし、大切なことだと肌荒れを起こして体験しました。

福井の看護師転職サイトを利用するのが良い

私の姉は福井で看護師をしていますが転職歴が2度あります。

そのような経験から、転職を成功させる鍵は看護師の転職サイトを利用することだと言っていました。

姉が利用したサイトは看護師の転職専門のサイトでした。

看護師転職福井が姉が利用して転職に成功したサイトです。

面接を受ける病院では、必ず聞かれる質問があります。それは、面接の最後に必ず「何か質問はありますか?」と聞かれるそうです。

姉が転職の際に面接を受けた企業で、この質問がなかった病院はなかったということです。

この質問に関しては事前にしっかりと準備をしておかなければなりません。

最低2個、または3個は用意しておくことだと言っていました。

面接官も面接のプロではありますが、短い面接時間で、病院にとって戦力となるかまでは見抜けません。

その為、面接官が重視するポイントは「意欲」です。

病院の情報をしっかり調べることにより、調べていないと、わからない質問をできます。

面接官にも答えがわからないような質問をすれば、内定をとれる確率も上がるでしょう。

なぜなら、面接官が答えられなかった質問は、面接官の印象にも残りやすいのです。

「どのような職場の雰囲気ですか」、「仕事のやりがいはどういったところですか」など、一般的な質問では印象に残りません。

しっかりと、病院の情報等を看護師の転職サイトで調べて、調べた人にしか出来ない質問をしましょう。

上手な質問が出来る人は必ず、内定率も上がります。

飲むヒアルロン酸サプリが良い

ニキビが落ち着いてきたと思ったら、肌がカサカサになってきた30代。

毎日せっせと保湿に勤しんでいます。

でも、乾燥しているからといってベタベタと化粧品を塗りたくると、今度は吹き出物が出てきたりするので、難しいものです。

特に冬になるとまぶたの乾燥に悩まされていたのですが、今年はどういうわけか春先になって、まぶたがガビガビになってしまったのです。

ああ、また粉を吹き出したなと思ったら、瞬く間に皮がむけてきました。

それがかゆくて仕方がないのです。ダメだと分かっていつつも、どうしても手が行ってしまいます。

おかげで両目の周りが腫れて赤くなってしまいました。

何となく原因と思われるのが花粉です。

花粉飛散量の多い、風の強い日に出掛けた時に症状が悪化してしまったのです。

肌が乾燥していると、外部からの刺激に影響されやすいですからね。

乾燥で肌本来のバリヤー機能が弱まっている時に、ほこりや花粉を大量に浴びたせいで、刺激を受けてしまったんでしょう。

今はもう水に触れるだけで痛いので、いつものスキンケアが出来なくて困っています。

こんな時だからこそ、しっかり保湿したいのですが、痛みがあるとどうにもなりません。

そのために今は塗るのではなく、飲むヒアルロン酸を摂取してなんとかしています。

直接肌に塗るのではなく、飲むタイプのヒアルロン酸なので身体野中から保湿してくれるんじゃないかと期待しています。

転職した経験談(薬剤師として)

薬科を卒業して調剤薬局に薬剤師として就職したことがあります。

でも26歳になる1か月前に転職しましたが周囲からの反対が強く決断したときは勇気がいりました。

就職活動の後半でやっと内定がもらえた大手の調剤薬局でしたので両親がもったいないということもよくわかっていました。

まさか自分も転職するとは思ってもいませんでしたが、入社した時の調剤薬局の方針が面接のときに説明されやことと異なっていたことに疑問がわき、その後の経営状態、上司との関係、職場内で浮いた存在など次々と堪えられない出来事が続けざまに起きていました。

転職するまで半年ほどは誰にも言わないで在職中に薬剤師転職福井を通して自分の希望するところを探してもらいましたがことごとく意見があわず、最後は喧嘩別れみたいな状態になってしまいました。

今考えると焦っていたこともあり人の意見を聞かない状況だったので反省すべき点もありましたが、自分の意志を押し通すことを優先しました。

実際に転職することを両親や会社の上司に報告したところ案の定、大反対にあいましたが、将来的に自分がしたいことを実現するには今の調剤薬局では無理なことはわかっていたので無視しました。

父親は転職したときはいつ辞めるのか心配していたとあとから聞きました。

結果的に10年以上、今の調剤薬局で働き続けられたので転職は成功したと思っています。

たとえ失敗していても後悔はしていないことだけは自身を持っていうことができます。

ネットの一括査定

結婚してこどもが生まれ、ファミリー利用にも向いているクルマを愛車としていたのですが、その頃に2人目がお腹に入っているのがわかり、福井の生活で車の維持は難しくついに手放すことに。

特に車のローンは残してはいなかったのですが、地価が高い福井は駐車場代も高く、ファイナンシャルプランナーの資格を有している私は、年間で計算してみたところ、大体こども一人を養うのとクルマ一台を年間所有するのが同じ出費だということがわかったのです。

いつもなら「買い替え」となりますから、お店に下取りで出してたわけですが、今回は「買い取り」。

よくCMなどで言う「一円でも高く」という気持ちで、私はネットの一括査定を選択しました。

車買取※福井市で検索するとすぐに一括査定サイトが見つかりました。

そして愛車を登録して査定額を出してもらいました。

あれはなかなか大変です。クリックした翌日にじゃんじゃん電話が鳴りました。

各社がこぞって「すぐ行きます!」と先にアポイントを取ろうとしてきます。

話によるとアポイントはぶつかってはいけないルールなんだそうで、順番になるそうです。悪いお客様だといっぺんに集めてさながらオークションのようにやるそうですが、それはルール違反なのだそうで・・・。

私は3件目のところに売り渡すことになったのですが、会社によって人はいろいろでした。

胡散臭いところもありましたし、なんだか大変そうだなって同情したくなる人も。

最初に来た人は13万を提示してきましたが、3件目の人は「この車種に買い手がいる」ということで20万で買ってくれました。

状況は各社で異なるようなので何社か見積もりを取る必要はあると思います。

2社目と3社目はほぼ同じ提示額でしたが、3社目の方のほうが感じが良く、私としては最後の愛車となるので、その方にしました。

後処理はほとんど向こうがやってくれてのお値段なので、買取にお願いするのも悪いことではないと思いました。

剃っても抜いてもキリが無い

人より腕と脚の毛が濃いです。

付き合った彼氏に「俺より濃いんじゃない?」と言われたこともあります。

恥ずかしくて、「そんなこと言わなくてもいいじゃない」と思いましたが、実際本当に、彼より濃かったです。

指毛も濃くて、ずっと毛抜きで抜いています。

右利きですので、左手で毛抜きを持って、右手の指毛を抜くときは最初は難しかったです。

でも今ではすっかり上手になり、右でも左でも同じように抜けるようになりました。

脚の毛は太くて濃いので、そのままにしていると、ストッキングからはみ出します。

ストッキングの下でうねっているんです。

ですから学生の頃から、除毛は欠かせませんでした。

除毛クリームを使うと、その時は綺麗なのですが、その後湿疹ができて痒くなるので、もう使っていません。

せっかくきれいになっても湿疹のせいで汚くなり、もうやめようと思いました。

腕の毛は、冬でも腕まくりをするときに、見られるので、除毛が必要です。

しばらく腕も脚もカミソリで剃っていました。
でもお風呂で石鹸をつけて剃っていたので、今すぐ剃りたいと言う時は面倒ですよね。

それで今は電気シェーバー(サラシェ)をつかっています。

音が少し気になりますが、部屋で剃れるので楽です。

カミソリよりも肌がつるつるになりますよ。

本当は脱毛サロン福井というサイトで知ったお店に行きたいのですが、お金がかかるので、これで我慢します。

物忘れやうっかりミス

30代も後半に差し掛かり、もっと若いころのようには色々と行かなくなってきました。

なかでも困るのは「もの忘れ」です。

外出時に必要なものを忘れてしまい、家に戻ることも多くなりました。

この前などは会社に持っていくはずの書類を忘れてしまい、慌てて戻ろうとしたのですが会社から家までは車で50分くらいで、もどると確実に遅刻です。

どうしようか迷った末、その日は風邪ということにして休むことにしました。

すぐに家に戻り、書類を車に積んでおきました。そのままだとまた忘れる恐れがありましたので。

一日中大事な書類を車に置きっぱなしにしておくのは不安でしたが、忘れて叱責されるよりはましです。

次の日は忘れずに出勤し、仮病のことは幸い疑われませんでしたが、同僚の「大丈夫か?」という心配の心に胸が痛みました。

それからは物忘れやうっかりミスを予防するために、うっかりサプリを飲むようにしました。

今まではサプリメントに頼るのは嫌だったのですが、もう年なので予防のために飲んだ方が良いと思ったからです。

何故か毎日、飲み続けているせいか、頭がスッキリしたように感じています。

この、うっかりサプリメントには他のサプリメントには無いクリルオイルというオキアミの油が使われているそうです。

脳にいいというので効果があるんだと思いました。

これでいくらか忘れ物は減りました。

何とかしたい老け顔!

20代の頃には気にも留めていなかった肌のおとろえが、30代に入りどんどんと目に見えるようになってきました。

まず一番に気になる箇所はほうれい線です。

昔ならばこんなにクッキリとなかったほうれい線が徐々に目立つようになりました。

対策としてなるべくマッサージをして、保湿も欠かさずしていますが食い止めるのはなかなか至難の技です。

次に気になるのが目元です。

目尻のシワは私自身多くはないものの同年代の友人たちは悩みの元のようです。

私は目尻のシワよりもまぶたのタルミが気になるようになりました。

昔はクッキリと綺麗な二重でしたが、年々瞼が重くなっているように見えます。

また眉毛の上にある筋肉にもタルミが見えるようになってきたため、眉毛が2つあるように見えます。

目の周り全体的にタルミが出てきたと言えます。

マッサージでもどうにもカバー出来そうにないので、解決策が見つかりません。

アイクリームは30代に入り使っていますが、それだけでは足りない気がします。

エステに行ったり、美容皮膚科に行くかと悩んでいます。

また肌を元気に保つためには年齢的にも内側から綺麗にしなくてはいけないのではないかと思っています。

健康的な栄養ある食事に合わせて、サプリメントも必要かもしれません。

それで何か良い老け顔サプリがないかと調べて購入して飲んでいます。

化粧品とサプリメントで老け顔が予防出来なくなったら最後はエステか美容皮膚科に行くしかないなと思っています。

 

母方の祖母が重度の認知症でした。

私の場合、母方の祖母が重度の認知症でした。

それまでは軽い認知症だったので予防のために家族は卵黄レシチンサプリを飲ませていたそうです。

卵黄はボケ防止に良いと言われてサプリを飲ませていたそうですが、症状は悪くなってしまったそうです。

認知症が悪化すると大変なことが起こります。

たとえば、祖母のところに行くと、毎回1,000円のお小遣いをくれるのですが、一日二回行くと2,000円くれましたので、誰にいくらあげているのか分からなくなっていたようです。

また、財布に入れてあるお金をあるだけ使っていましたので、最後の方は、母が現金を持たせないようにしていました。

祖母は数年前に他界してしまいましたが、重度の認知症になって生きている意味について、深く考えさせられる日々でした。

認知症がひどくなってくると、自分の家族の顔も分からなくなります。

しかしながら、認知症の人の前で悪口などを言うと、なぜかそれらを理解しているようで、急に機嫌が悪くなったりして、びっくりしたことがありました。

私たちが外国などに行って生活し、分からない言語の中にいる場合であっても、自分たちのことが悪く言われたり、バカにされたりしていると、詳しくは理解できなくても、声のトーンや話し方で、何となく感じることがあります。

認知症の人たちが、悪口を言われたり、バカにされたりすると機嫌が悪くなるメカニズムは、外国で生活をしてみるとよく理解できるようになりました。

今後、家族が認知症になっても、目の前でネガティブなことは言わないよう決めています。

魚介類全般が苦手な友人

友人が魚介類全般が苦手で、ほとんど食べようとしません。

特に困ったのは、一緒に旅行に出かけた時でした。

よく旅館の食事というと、懐石料理であることが多いです。

当然、和食メニューが基本となっているので、刺身や牡蠣、貝類など、魚介類がふんだんに使用されています。

そうなると、魚介類が苦手な友人はほとんど食べられるものがありません。

そのピンチを回避するために友人は、別メニューでカレーライスを注文していました。

折角の旅館の夕食時、目の前でカレーライスを食べている友人を見ながら懐石料理を食べるのは、なんだか複雑な気持ちになりました。

また別の日には、鮨懐石料理店でその友人の他、数十人と一緒に食事する機会がありました。

お鮨でもほとんどが魚介類を使っています。

そのため、タマゴ、かっぱ巻きといった感じで、友人はかなり限られた物しか口にすることができませんでした。

ある意味安上がりに済んでイイと言えばイイのかもしれません。

結局最後の方は、やたらガリをつまんでいる友人の姿が見られました。

その姿を見て、好き嫌いが多いのは色々と大変そうだなと思いました。

友人に話を聞けば、生は一番ダメで、焼いたり、煮たりしている特定のメニューなら、頑張れば食べられるものもあるそうです。

ただ、基本的には食べたくないとのことでした。

何かと食で苦労している友人に、好き嫌いが少しでもよくなる解決策がないか考えてみました。

そしてたどり着いたのが栄養補給のためのサプリメントを飲むように勧めてみました。

いろんなサプリメントがありましたが、ミドリムシ無添加サプリを選んで進めてみました。

意外と友人も気に入ってくれたみたいで、今では毎日飲んでいるということでした。

それを聞いてちょっとだけ安心している今日この頃です。

 

おいしくて葉酸たっぷりのブロッコリー

もともとブロッコリーが大好きだったわけではありません。

しかし体に良いという葉酸の摂れる野菜は何か調べたところたどり着いたのがブロッコリーでした。

どこでも通年手に入り調理方法が簡単で安いブロッコリーをほとんど毎日食べました。

しかし家族はブロッコリーのにおいが嫌いだと言って食べません。

ブロッコリーを食べるとおならが出やすくなると皆は言いますが、私は実感していません。

それで家族にはブロッコリーサプリを飲んでもらうようにしています。

食べ方は茹でるのが基本ですが時間がないときには切ってシリコンスチーマーに入れてレンジでチンするだけでもOKです。

ニンニクとベーコン、オリーブオイルも一緒に入れれば3分以内でおかずが一品完成します。

ただ、レンジ加熱するときには時間に気をつけないと焦げることがあるので注意が必要です。

私が一番好きな食べ方はオーブンでグリルする方法です。

固まり肉などをオーブンで焼くときに一緒に耐熱皿に並べて焼くとカリカリに焼きあがっていつもと違った食感を楽しむことができます。

肉汁のおかげでさらにおいしく、こげた部分もまたおいしいのでおすすめです。

ブロッコリー嫌いの家族もこの調理方法なら喜んで食べてくれます。

今は私の料理のレパートリーには欠かせない野菜がブロッコリーです。