PCを見続けることで起きる目の疲れと対応策

社会人2年目に突入したころのことですが、社会人になり1年でかなり視力が低下し、目のぼやけがひどくなりました。

IT企業に勤めており、システムエンジニアとして働いていたころのことです。

職業柄、ほぼ一日中常にPCを見ているため、一日でかなり目の疲れがでてしまいます。

元からかなり目が悪いため、基本的にハードコンタクトを着用しているのですが、だんだん目じりの神経でしょうか?コンタクトをつけていると耐えられないほど痛くなってしまいます。

特に春・秋は花粉や黄砂がひどく、すぐにコンタクトがぼやけ、目の痛みを感じることも早いです。

ここ最近では、どうしてもコンタクトを長くつけることができないため、基本メガネで作業するようになりましたが、メガネはメガネで、落ちてくることが気になり、頭や耳が痛くなったり、顔がこわばったり、肩がこったりしてしまいます。

目の疲れの対応策としては、夜寝る前に温タオルを乗せること。

お風呂によく漬かるのと同じような感じで、じわ~っと目の疲れが取れている感じがします。

また、目が乾いたな、と感じる前に目薬を差すこと。

オススメは、涙と同じ成分の目薬です。薬局で売っているものもあります。

それと、マッサージです。

目の周りと、眉毛、頭と肩もマッサージしておく方が良いです。

肩こりがひどい日はだいたい目の疲れが早く出てしまいます。

又、念のために目がぼやけるサプリも飲んだりします。

以上のようなことで疲れ目の対策をしています。

効果があることばかりなので皆さんも試してみると良いですよ。

 

 

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト